ワキガ対策クリームの選び方・おすすめ商品をご紹介しています

ワキガ対策クリームがあればワキのにおいが気にならなくなる

自分のワキのにおいに気がついてしまったら、他の人の視線が気になって仕方ありません。

 

ワキガをなんとかしたいえれど何が出来るかわからない、という方におすすめなのがワキガ対策クリームです。

 

目次

 

消臭スプレーで効果がなかった方もワキガ対策クリームなら効果を得られる?

ワキのにおいが気になったときにまず使うものが消臭スプレーですが、それだけでは汗を抑えることはできません。

 

消臭スプレーには香りがついているものが多いですが、香りのあると汗と混じってより嫌なにおいを発してしまいますから、ワキガをさらにひどくしてしまいます。

 

わきがクリームならば長時間効果が続くから安心

消臭スプレーを使っているのに嫌なにおいがあったらどうしたらよいか困ってしまいますが、わきがクリームは汗腺をふさぎますから、汗を抑えることができます。

 

しかも、一度つけたら長時間効果がありますから、夏場のワキに汗をかきやすい時期でも安心して使うことができます。

 

出勤前につけていったとしても、効果が続かなければすぐに汗が出るため会社の中でワキが気になって仕方なくなりますが、わきがクリームならば朝出かける前につけただけで会社から帰宅するまで効果は続きますから、1日心配することはなくなります。

ワキガ対策クリームのランキング

クリアネオ

クリアネオの特徴

  • 有効成分イソプロピルメチルフェノールで殺菌するからにおいの元が絶たれる
  • 有効成分パラフェノールスルホン酸亜鉛が汗を抑えてくれる
  • 柿渋エキスの効果でにおいの原因を作る老廃物をためない
  • 無添加、無香料だから敏感肌でも安心
  • 絶対の自信があるから永久全額返金保証付き

価格 定期購入なら約1ヶ月分4,980円で送料無料
単品購入なら1ヶ月分5,980円で送料660円(いずれも税込)
評価 評価5
備考 定期便購入なら「においケアアイテム」プレゼント・永久返金保証 品名は無記載で発送
クリアネオの総評

ワキガの原因は汗と老廃物がたまって菌が発生したことによりますが、クリアネオはイソプロピルメチルフェノール、パラフェノールスルホン酸亜鉛、柿渋エキスなどの有効成分が汗を抑え、においのもとを取ってくれます。肌にやさしい無添加無香料ですし、永久全額返金保証付きですから効果が高く安心です。

ノアンデの特徴

  • 独自のDシールドテクノロジーEXであるシメン-5-オールとフェノールスルホン酸亜鉛でワキガをブロック
  • 柿タンニンやシャクヤク、茶など天然由来成分でニオイを抑える
  • 香料、着色料など添加物は一切使用していないから敏感肌でも安心
  • ワレモコウ、アルニカ花、ローズマリーなど10種の植物成分で肌を整える
  • 汗に強く効果が長く続くから一度使えば一日中安心

価格 定期購入なら約1ヶ月分5,356円
単品購入なら1ヶ月分9,288円(いずれも税込、送料無料)
評価 評価4
備考 最大120日間全額返金保証 品名は化粧品で発送
ノアンデの総評

ワキガの解消には汗を抑えて菌の増殖を抑える事が必要ですが、ノアンデはシメン-5-オールにフェノールスルホン酸亜鉛の新技術で汗も減ってにおいもおさえます。それ以外にも植物からとった天然由来成分が原料となって作られている効果の長いワキガクリームですから朝つけて出かければ夜帰るまで効果が続きます。

ラポマインの特徴

  • シナノギ、オウバクなど21種類の保湿成分で肌を守る
  • 有効成分イソプロピルメチルフェノールで菌の発生を抑える
  • フェノールスルホン酸亜鉛が毛穴に浸透し汗を抑える
  • イソフラボン、カモミラエキスでワキをきれいに保つ
  • 無添加、低刺激だから肌にも安心

価格 定期購入なら約1ヶ月分6,156円で送料無料
単品購入なら1ヶ月分9,244円で送料600円(いずれも税込)
評価 評価3.5
備考 定期便ならサプリプレゼント 90日間返金保証 品名は化粧品で発送
ラポマインの総評

肌は乾燥するとワキガもひどくなりますが、ラポマインはシナノギ、オウバクなどの植物性の保湿成分が肌を守ります。その他、菌を抑えるイソプロピルメチルフェノール、汗を抑えるフェノールスルホン酸亜鉛、さらにはワキの肌を美しく保つためにイソフラボンやカモミラエキスも入っていますから、消臭と美肌効果を得られます。

ワキガ対策にクリームを使えば手術をしなくても大丈夫?

ワキガが気になっている方は、周りに恥ずかしい思いをしないためにもにおいをどうにかして取りたいものです。

 

ワキガの原因を完璧に取り除くためには手術は効果的なのかもしれませんが、手術をする勇気はないし、手術をして失敗することが心配という方にオススメしたいものが、ワキガ対策クリームを使うことです。

 

ワキガの治療法にはどんなものがある?

ワキガ治療には手術という方法があります。汗腺を取り除くことで根本的な解決を目指すものですが、費用が安くても十数万円と高額で、傷口が残ること、ドクターの技術力に差があること、失敗のリスクがあることなどを考えると最終的な手段だと言えます。

 

「手術したのに臭いが取れなかった…」というケースもあるため、注意が必要です。

 

手術とまでは行かなくても、注射やレーザーなどの治療法もあります。注射とはボトックスを注射してワキガのにおいのもとであるアポクリン腺やエクリン腺の動きを悪くするというものですが、効果は得られる場合と得られない場合がありますので、完璧に効果があるとはいえません。

 

さらに、レーザーを使ってワキガのもとになっている汗腺を焼くという方法があるのですが、一度は効果があったとしても後にワキガが再発することもありますし、においがひどくなることもあります。ですから効果があると入っても、レーザーを使った方法もうまくいくとは限りません。

 

ワキガクリームはにおいのもとを取ってくれるから効果が持続する

人の汗はそれ自体にはにおいがないのですが、雑菌がプラスされること、そして排出される皮脂によって独特のワキガのにおいを発します。制汗剤を使えばしばらくの間汗を抑えることができますので多少は効果があります。しかし汗を止めるだけではワキガそのものに効果がないので効果が持続することはありません。

 

その点、ワキガクリームは汗を抑えるだけでなく、においのもととなっている雑菌や皮脂の排出を抑えることができますから、効果を持続させることができます。

 

肌に優しい成分で作られているワキガクリームなら肌に弱い方も安心

汗や雑菌を抑える成分が入っているクリームと聞きますと、肌が弱い方は使うことによって肌荒れを起こさないか心配になるでしょう。

 

しかし、肌に影響が出ることが気になって一般に売られている制汗剤などで済ませようとしても、気になって何度もつけることになりますからかえって肌を痛めつけてしまいます。しかも、制汗剤に含まれている香料は敏感肌の方にはかなりの刺激となりますから、肌荒れを起こすだけです。

 

ワキガクリームの中にも肌に優しい成分で作られているため、使っていて肌にかゆみが生じたり肌荒れを起こしたりしないものがあります。

 

植物成分など肌に悪い影響を与えない成分で作られたワキガクリームであれば、ワキガには効果を発揮、しかも肌荒れを起こす心配はありませんから、肌が弱い方でも安心して使い続けることができます。

ワキガ対策クリームは朝つければ効果が一日続く

ワキのにおいは一度気になると、一日中気になって何も手につかなくなります。

 

そんな風に気になっているとさらにワキから汗が出て臭いもひどくなる可能性がありますから、ワキガ対策クリームを朝つけてから出かけましょう。

 

そうすれば効果は一日中続きますので、家に帰るまでワキガを気にする必要がありません。

 

制汗剤をつけているだけでは肌に悪影響もあり心配

制汗剤の効果は朝つけて一日続くということはありませんから、朝つけても数時間おきに何度も使わなければいけません。しかし、何度もつけ直すと肌に以下のような悪影響を及ぼします。

 

  • 痒みやかぶれが生じる
  • 成分が衣類について黄ばみが生じる

 

制汗剤はその名前のとおり汗を抑える力があります。汗が出ないように肌は抑えられるために肌のターンオーバーは乱れ、結果的に肌荒れを起こし痒みなどが生じることもありますし、強い薬剤が使われている制汗剤ですと、肌が負けてかぶれ等が起こることがあります。

 

また制汗剤を何度もつけることで肌についている薬剤が洋服にうつって黄ばみが生じることがありますので、その点でも何度も制汗剤をつけ直すことは問題です。

 

ワキガ対策クリームの効果が一日続く理由とは?

ワキガ対策クリームはただ汗を抑えるだけでなく、殺菌効果で汗をかいてもにおいを抑えることができます。

 

クリームは肌につけると肌の奥まで浸透していきますから、表面だけでなく奥からワキガの嫌な臭いを抑えてくれます。そのため、効果の持続性が制汗スプレーよりかなり高いです。

 

今出ている汗だけでなくこれから出ようとしている汗まで抑えてくれますから、ワキガ対策クリームを使えば効果はかなり続きます。

ワキガ対策クリームをつけるときに気をつけることとは?

ワキガ対策クリームは一度つければ効果が長く続く制汗剤ですが、肌に汗や水分が残っている状態で付けてもクリームが水分と一緒に流れ落ちてしまいますので効果がありません。

 

ワキガ対策クリームはお風呂あがりや朝出かける前につけることがおすすめなのですが、つける前にはまずタオルなどでしっかり水気を取ってからにしましょう。

 

水気が気になるからといってゴシゴシタオルを使って肌から水分を拭き取ることは肌荒れを起こす元ですから、タオルはそっと肌に押し当てるようにして優しく水分を拭き取るようにしてください。

 

お風呂上がりだけでなく朝出かける前にワキガ対策クリームをつけるときも、同じようにまずは肌に水分が残っていないか確かめ、そっとタオルで肌を拭ってからワキガ対策クリームを使ってください。

 

ワキガ対策クリームは正しい使い方をすれば効果は一日続きます。夜まで心配はいりませんよ。

ワキガ対策におすすめのクリームの選び方は?

ワキガ対策クリームは人気の高いおすすめ商品の中から自分に合ったものを選ぶのがおすすめです。特に重視したいポイントをご紹介します。

 

1.ワキガ対策クリームは制汗効果が高いものを選ぶ

夏になるとお店ではたくさんの種類の制汗剤が並べられるようになりますが、ワキガの方にとっては夏だけではなく一年中、汗を抑えることが必要です。

 

ワキガは汗の量を減らすことによってだいぶ抑えることができますから、ワキガクリームには制汗効果が高いものがおすすめです。

 

スプレータイプの制汗剤の制汗効果が低い理由は?

制汗剤の中でももっとも値段が安く手軽に手に入れられるものと言えばスプレータイプのものです。小さいサイズのものもありますからどこにでも持ち運べて便利なスプレータイプの制汗剤ですが、制汗効果は長く続きません。

 

スプレーを吹き付けると冷たい空気が当たって肌は心地よいのですが、その気持ちよさは長く続くものではありません。特にワキから汗が出ているときにスプレーを吹き付けても、汗と一緒にスプレーの成分が流れ落ちてしまいますので、汗はおさまりません。

 

シートタイプの制汗剤の制汗効果が低い理由は?

ワキから汗がダラダラ出ているときは気持ち悪いですからスッキリさせたいですよね。そんなときに、さっと取り出して汗を拭き取ることが出来るシートタイプの制汗剤は、拭いた瞬間は冷たくて気持ちよく感じます。

 

しかしシートタイプの制汗剤は汗を抑えることではなく汗や雑菌などを取ることが目的で使うことが多いです。制汗効果はそれほどありませんから、ワキガの方が望むような汗の量を少なくする効果はあまり得られません。

 

ワキガ対策クリームは制汗効果が高い

ワキガクリームを脇につければ肌全体にクリームの成分が浸透していきますから、クリームの中に含まれている汗を抑える効果のある成分が広がっていきます。液体の制汗剤ですと成分が肌に浸透する前に汗と一緒に流れ落ちてしまいますから、つけているにも関わらず制汗効果は得られません。

 

しかし、クリームタイプでしたら肌にピッタリくっついて徐々に成分が浸透していきますから、効果は高いですよ。

 

脇汗がだらだらと流れるのは気持ち悪いですし、脇の下を見られると汗ジミがばれてしまうから、と手を上げることもできないでいる方もいらっしゃいます。そんなときに活躍するのはワキガクリームです。

 

ワキガクリームを塗って出かければ、汗の量が格段に減って汗染みを気にすることがなくなりますから、他人の視線を気にすることがなくなりますよ。夏だけでなく一年中脇の汗を気にしている方は、ワキガクリームをつけてストレスのない毎日を過ごしましょう。

2.ワキガ対策クリームは殺菌効果が高いものを選ぶ

脇から汗が出てくると嫌な臭いを発するワキガですが、汗そのものには元々臭いがないことはご存知ですか?

 

汗は水でできていますから本来は臭いがないのですが、その汗に老廃物や雑菌など、多くのものが混じり合った結果、嫌な臭いを発してワキガになります。ワキガクリームを選ぶときは殺菌効果が高いものを選ぶことが大切です。

 

ワキガの方とワキガでない方の違いは細菌の種類にある

同じワキの下に汗をかいたとしてもワキガの方とワキガでない方は脇の下の臭いがまったく異なります。なぜ?と思ってしまいますが、その理由は脇の下に生息している細菌の種類にあります。

 

ワキガの方の脇の下を調べてみますとコリネバクテリウム属の細菌が多いことがわかります。コリネバクテリウムはワキガの方の汗に多く含まれている脂肪酸がないと生きていけませんから、ワキが出ない方の脇の下にはあまり存在しない菌です。

 

コリネバクテリウムは脇の下の汗腺であるアポクリン腺から出る汗を分解してワキガ臭を発生させます。ワキガのある無しはコリネバクテリウムのあるなしで左右されるのです。

 

低刺激で殺菌効果が高いワキガ対策クリームを使えば、臭いは段々と小さくなる

殺菌してコリネバクテリウムなどの雑菌の繁殖を抑えることができれば、ワキガの臭いは段々と少しずつ収まってきます。汗を抑えるだけでは臭いがなくなりませんから、殺菌してワキガの臭いを作らないように脇の下を守りましょう。

 

ただし、殺菌効果が高い成分ならばなんでも良いというわけではありません。アルコールなどは殺菌効果が高くても肌には刺激となるため、炎症ができるためにかえって雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。ワキガクリームを選ぶときは、刺激のある成分が使われていないか、しっかり調べてください。

 

ワキガ対策クリームの中に入っていて欲しい殺菌成分とは?

ワキガクリームの中に入っていて欲しい殺菌成分は、イソプロピルメチルフェノールです。イソプロピルメチルフェノールは非常に殺菌効果が高い成分ですから、コリネバクテリウムを殺菌することができますので、ワキガの臭いがだんだんとおさまってきます。

 

殺菌効果が高いということで成分が強すぎるのでは?と心配になりますが、イソプロピルメチルフェノール化粧品にも防腐剤の役割で使われることの多い成分ですので安全性に問題はありません。ワキガをなくすために、長期間使っても肌に悪い影響を与えることにはなりませんので安心してください。

3.ワキガ対策クリームは保湿効果が高いものを選ぶ

脇の下の肌をチェックするということは普段あまりしませんが、ワキガの方の肌を調べてみますと肌が乾燥している方が多いです。

 

脇の下の肌に潤いがあっては湿っていてワキガが発生するのではないか?と思ってしまいますが、肌が乾燥している方のほうがワキガになりやすいので、保湿することは必要です。

 

肌が乾燥しているとワキガになりやすい理由は?

肌がサラサラで乾燥している方がワキガになりにくいように感じてしまいますが、実際はその反対で乾燥肌の方はワキガになりやすいです。

 

その理由は、肌の修復機能にあります。肌は乾燥しますと自ら潤いを求めて肌を修復させようと働きます。しかし乾燥している状態では水分がありませんから、そのかわりに皮脂や汗などを出して肌を潤わせます。皮脂や汗はワキガを作るもとですよね。皮脂や汗を抑えるためには、保湿して肌を潤わせておかなければならないのです。

 

ワキガの臭いが気になってスプレーを使っているとさらにワキガが進んでしまう

じわじわと出てくる汗を抑えようと制汗スプレーを使っている方は多いです。制汗スプレーを吹き付ければ、冷たくて気持ち良いですし、なんとなく汗がおさまってワキガの臭いもなくなるような気がします。しかし、実際はその反対でスプレーを噴き付けることで、肌は乾燥してしまいますからワキガを進めてしまうのです。

 

吹き付けたときは爽やかな感じがする制汗スプレーですが、ワキガの方にとっては気持ち良いのは吹き付けたときの一瞬だけです。ワキガが気になって何度も制汗スプレーを吹き付ければ、さらに肌の乾燥が進んで状態を悪化させるだけです。

 

スプレーは吹き付けると肌がさっぱりして心地よいのですが、ワキガの方は、制汗スプレーの使いすぎには十分注意してください。

 

保湿効果の高いワキガ対策クリームはワキの黒ずみにも効果あり

保湿効果の高い成分として知られているのは、美容液などに含まれていることも多いヒアルロン酸などですが、それ以外にもシャクヤクエキスやドクダミエキスなどの植物成分も効果が高いと言われています。ワキガクリームを選ぶときは、これらの保湿成分が入っているかどうかを買う前に確かめましょう。

 

保湿効果の高いワキガクリームを使えばワキガを防ぐだけでなく悩んでいる方が多い脇の下の黒ずみにも効果があります。ワキガの臭いだけでなく脇の下に黒ずみができていますと、堂々とノースリーブになったり水着を着ることができません。けれど、ワキガクリームを使えば臭いもとれて肌もきれいになりますから、自分に自信が持てますよ。

4.ワキガ対策クリームは消臭効果が高いものを選ぶ

ワキガの方がまず気にするのは、周りの人に臭いを気づかれないかどうかです。ワキガの臭いが強ければ、他の人に嫌がられることが多いです。

 

嫌われないためにはワキガの臭いをなくさなければいけません。そんなときに効果があるものがワキガクリームですが、ワキガクリームを使えば消臭は可能なのでしょうか?

 

普通の制汗スプレーではワキガの臭いを抑えることができない

デオドラントとして発売されている制汗スプレーなどを使えばある程度のにおいを抑えることができます。

 

しかし、ワキガでない方はワキから出る汗を押さえられていればほとんど臭いを気にしなくても良いですが、ワキガの方は汗がたくさん出ているときでなくても常に嫌な臭いを発していますから、汗を抑える程度では効果は得られません。

 

市販の商品で消臭効果があるとされている制汗スプレーは一日に何度も使ったとしてもワキガの臭いを抑えられませんから、ワキガの方はワキガ専用のクリームを使うべきです。

 

消臭効果が高くてしかも肌に優しい成分で作っれたワキガ対策クリームを選ぼう

いくら消臭効果が高くても肌に刺激になっているようではワキの下が肌荒れを起こして肌の状態を崩し、臭いをひどくするだけです。

 

敏感肌の方は特に普通の肌の方では刺激にならない程度のものでも刺激を受けて肌荒れを起こしてしまうことがあります。

 

肌荒れが起きている状態ではかゆみや痛みなどが出てつらいですし、ワキガをなおすよりも肌の状態をもとに戻すことを考えなければいけなくなりますから、ワキガを解消することができません。植物成分など、肌に優しい成分が多く含まれているワキガクリームを選んでください。

 

ワキガ対策クリームを選ぶときは無香料かどうか確かめよう

ワキガクリームにはいろいろな種類がありますが、ワキガのかたは消臭効果が高いことはもちろんのこと、香料のあるなしにも注意が必要です。

 

良い香りのするクリームを使えばワキの下が良い臭いになって良いのでは?と思う方もいらっしゃるでしょうが、ワキガの方はすでにワキが独特の臭いがありますから、良い香りがすると思って使っても、ワキガの臭いが重なることによって、かえって嫌な臭いになってしまいます。

 

無香料のワキガクリームであればそれ自体に香りがありませんから、臭いを抑えるだけで違う香りをプラスすることにはなりません。気持ちよく使うことができますから、ワキガクリームは無香料のものを選んでくださいね。